お買いもの用のものについて

デパートなど、お店でお買いものをすると購入した商品を紙袋に入れてくれる場合がありますよね。
そのお店によって、いろいろなデザインの紙袋がありますね。
例えばオシャレなデザインの紙袋だったりすると、捨てるのがもったいなくなってついついため込んでしまうことがあります。
中にはブランドものロゴが入った紙袋をバック替りに持ち歩くという人もいます。
気がつくとたくさんの紙袋が溜まっていたなんてこともあります。
紙袋のいいところは、紙で出来ているので処分が楽なこと、使わなくなったらゴミに出してしまえばいいだけです。
また、小さく折りたたむことができるので置き場所を取らないことなどがあります。
わたしは、お買いものでいただいた紙袋を有効活用しています。
わたしがよくやるのは、紙袋を収納ボックスとして使うことですね。
紙袋のなかに、本やCDや雑貨などの小物類を収納しています。
手提げなので、移動も簡単に出来ますよ。
よかったら、試してみてくださいね。

保管の仕方

お店などで商品を購入すると、紙袋に入れてくれることがあります。
その紙袋ですがまた何かで利用するために、捨てることなく保管をしておくという人もいるものです。
確かにそうしておけばいざ紙袋が必要になった時に、いつでも使えるようになりますので保管しておくという人の気持ちもわかります。
しかし紙袋というのは、お店によってサイズも様々ですので、どのようにして保管しておけばかさばらずにすむのでしょうか。
その方法としていいのが、一番大きな紙袋を広げて、その中に他の紙袋をすべて入れ、立てて保管するという方法です。
そうすることによって、すべての紙袋がばらばらになることがありません。
そしてその時に注意したいのが、紙袋は全て口の部分を下向きにして入れるという事です。
もしも口の部分が上に来てしまえば、紙袋の中にホコリがたまる可能性があります。
ですので口を下向きにして入れておけば、ほこりが入らずにきれいな状態で保管することができるはずです。